外付けハードディスクやUSBメモリにバックアップを取っておく

データとして写真を残すなら

フィルムカメラの時代は、写真は現像してアルバムなどに貼って保管するのが一般的でした。現在でもフィルムカメラは使われていますが、デジタルカメラの普及もあり、利用者はかなり減っています。そして写真はプリントしなくても、スマートフォンやパソコンの画面からすぐに見られることもありデータとして残すことが主流になりました。撮影した写真のデータは、スマートフォンやパソコンに保管している人も多いのではないでしょうか。大量のデータをコンパクトに収納することができるのが便利ですが、端末の故障や紛失で大切なデータがすべて失われてしまうリスクもあります。それゆえ、データで保管する場合もリスクについて考えておく必要があります。写真をより安全に保管するならバックアップも取っておきましょう。

バックアップの取り方を知る

パソコンに保管しているデータのバックアップを取るなら外付けハードディスクを活用してみてはいかがでしょうか。大容量の外付けハードディスクなら、大量のデータを保管できますし、パソコン本体のハードディスクの容量が不足している場合も安心です。ポータブルサイズなら持ち運びにも便利で、ノートパソコンとの相性も抜群です。このほかでは、一時保存ならUSBメモリも役立ちます。さらにSDカードもコンパクトで持ち運びやデータのやり取りにとても便利です。デジタルカメラを使っている人は、SDカードにそのままデータを保存していることも多いのではないでしょうか。大切な写真を数十年など長く保管したいのなら、長期保存に向けたメディアを使うことも考えてみましょう。