クラウドサービスを利用する

クラウドサービスは大量にデータ保管できる

スマホで写真を撮る人が増えて、プリントアウトせずデータで持っておく場合が多くなっています。しかしそのまま持っておくだけでは、データ保存領域を圧迫したり、時にはスマホ故障でデータを失ったりするリスクが伴うものです。そうした際、便利な存在として注目されているのが「クラウドサービス」です。クラウドサービスとは、インターネットを活用して様々なWebシステムをどこからでも利用できるようにしたサービスを指します。代表的な機能にクラウド(オンライン)ストレージがあり、スマホで撮った写真を大量にアップロード・保管することが可能です。有名なものだと数GB単位で保存可能で、中には容量無制限というクラウドストレージもあります。非常に利便性が高いため、もしもの時のためにクラウドストレージにデータ保管する人が増えています。

クラウドサービスの様々な側面を知って賢く活用

無料もしくは低料金で使えるクラウドサービスが人気を集めていますが、少なからずデメリットはあるもので、例えばセキュリティ問題が挙げられます。クラウドサービスはクラウドサーバーと多くのユーザーが繋がっています。データ共有のしやすさは「データ流出」のしやすさとも言えるので、より一層しっかりとしたデータ管理が必要となるでしょう。また、クラウドサービスは永続的に安定運用されるとは限りません。サービス運用会社が倒産したり、業務縮小のためにサービス終了したりする場合も考えられます。もちろんどんなデータ保管方法にも完璧なものなどありません。クラウドサービスをSDカードなど別の保管方法と併用し、「バックアップ先」の一つとして扱うなど、デメリットを埋めていくような使い方をするのが理想だと言えます。