パソコンにデータをコピーしておく

印刷せずに残しておくなら

写真の残し方では、プリントしてアルバムに貼るという方法もありますし、お気に入りの写真でフォトブックを作成することもできます。とはいえ、すべての写真をプリントする必要はないと考えている人もいるのではないでしょうか。現在は、写真もデジタルの時代になっていますので、大量の写真もデータコンパクトに保存できます。デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真のデータは、パソコンにコピーすることもおすすめです。パソコンなら、いつでも画面で写真を楽しむことができますし、加工やプリントもしやすいというメリットがあります。パソコンに保存しておけば、オンラインプリントの注文や、フォトブックの作成も楽にできるようになります。

バックアップも取っておこう

パソコンに写真のデータを保存しておくと何かと便利ですが、注意点もあります。パソコンでは、多くのデータを保存できるというメリットがありますが、故障することもありますし、水没などの被害にあった場合はせっかくのデータがダメになってしまう可能性もあります。パソコンはいつまでも使えるというわけではありませんし、突然起動しなくなる可能性もあります。そうなると、多くの写真データを一瞬で失うこともあり得ます。そのような場合に備えて、バックアップを取っておくとより安心です。CDやDVDなどの媒体にコピーしておくこともできますし、クラウドにも保存しておけば、もしもパソコンやメディアが壊れた場合も写真を守ることができます。クラウドもとても便利なサービスですが、不正アクセスを防ぐためにもセキュリティ対策はきちんとしておきましょう。